思う事

努力を継続する方法は大きく分けて2パターンある。

継続って難しい。

第一歩が特に。

 

でも世の中には努力を続けて

功を成す人達が大勢いる。

自分と何が違う?

もともと生まれた時から違うと思いたい

諦めがつくから。

 

でも残念なことに

人間の性能はそんなに違わないらしい。

 

意志の強さが違うとはいうけど

すごく抽象的な表現だし

参考にならない。 

自分みたいな凡人が

継続する「コツ」を2つ発信してみます。

あくまで考え方なので。

 

●現状を無視する方法(上級)

よく成功者は

運動するとか

よく寝るとか

常に疑問を持つとか

色々言われてるけど

 

紹介する方法の一つは

なりたい理想の人の一部をマネをする

それを続けてみる。

よくある話。

 

たとえば早起きだけでも毎日続ける。

その方法だけでも自分に取り入れることで

そこから発展して朝の習慣も

一流の人のマネをしていく。

そうやって思考もだんだん変わっていく。

自己啓発によくありそうで

もちろん有効な方法。

まあ でも

それが難しい。

 

あとは

引き寄せの法則

これも同じ類かな。

意識だけをすでに

自分はすでに成功者と信じて過ごす。

そうなると毎日の行動も

変わってくる。

引き寄せるというか

先に行った意識に

行動が引き寄せ「られる」イメージ。

脳みそがすでに一流になってるから

行動も自然に一流になるよねって話。

 

まあ でも

景色はいつもと変わらないし

脳をだますのも大変で

それができたら苦労しないよ

って話。

 

言ってる理屈は

わかるっちゃわかるけど

理解できても

実際にできるかというと

うーん

できる人はできるけど。

みたいな。

 

どの方法も共通していることは

今の状況を無視して

意識 もしくは行動を

ずっと先に置くということ。

お金持ちの思考

一流の行動

マネできる部分をマネる。

できる人はできるけど

もちろん難しい。

もう一つの方法だと

現状を意識する方法(初級)

→現状から一つ上のレベルを実行する。

 

前者の方法は

今の自分の状況と

とるべき行動が違い過ぎる

っていうのがネックで

いつもと違う行動とるのは

ちょっと体力の消耗が激しい。

 

だから

いつもとちょっとだけ違う行動くらいなら

ハードルもぐっと下がる。

 

例えば英語の勉強に挑戦したいとして

なんとなくおっくうで

始めることができないとしたら

 

とりあえず単語を毎日1つ覚える?

いや

それはたぶん

なかなかハードルが高い。

 

勉強のやる気がでないっていう

今の状況がレベル1だとすると

レベル2って

勉強するための椅子に座る

 

これくらい。

いやほんとに。

 

やる気がない時って

椅子に向かうこともできないで

むしろ遠のいて

テレビとかに向かう。

 

普段から座ってる椅子のはずなのに

頭が勉強をよぎると

そのいつもの椅子すらも

座りたくなかったりする。

 

勉強から

遠ざかりたい心理

まず超えないといけない壁は

ここからかもしれない。

 

それができたら次は

参考書を手に取る

かな?

目次をながめる

とかかもしれない。

 

とにかくハードルは下げまくる。

こんくらいならできるよねwって

笑っちゃうくらいの目標。

 

ただ、

それを必ずやる。

 

絶対に実行できるくらいの目標を

次の行動として設定する。

そう考えると

ひとつ上の目標なんて

多分これくらい。

 

できない目標を立てるのは

意味がないどころか

無理な設定を自分に課せて

できなくて

「自分はやっぱダメだなあ。。」

とか

無駄に嫌悪感を抱く理由になる。

 

繰り返すけど

人間は感情と習慣で生きているから

普段とってる行動と かけ離れすぎてると

メンタルもきついし

居心地悪い。

 

自分のことを意志が弱いと思うなら

そんな自分でも継続できることは

こんなもんかな~って

自分を過小評価して

それを続ける方が健全で確実。

今までの生活に

サプリを一つ飲み始めるくらいの追加。

 

「勉強をするための着席」

に慣れてきたら

参考書を開くのも

ちょっとハードルさがってると思う。

レベル1から3より

2から3を目指す。

 

そんなレベルの事を

大袈裟に紙に書いて

トイレに入っても

(椅子に座る!)

スマホの壁紙も

(椅子に座る!)

って

目につくところに貼って 

「いや、そんくらい簡単だよ。。」

って

思えたらこっちのモン。

小さなことでも

実行すれば達成感は得られるから

心を喜ばせて

レベル3,4,5と

どんどんレベルを上げていきましょう。

ギターとかの楽器も

ずっと続けられる人って

憧れのプロギタリストを目標にするのはいいけど

そこだけを目指すよりも

新しいコードが押さえられるようになったとか

今までできなかった事ができるようになったことに

喜びや達成感を感じれる人。

とりあえずそこが目標になってるから

続けられるんだと思う。

プロギタリストなんて

レベル1から99。

考えるだけでイヤになる。

最終的なゴールは同じでも

細かく刻んで目標をたてられるから

継続出来るんだと思います。

むしろ下手に

成功者の自己啓発の本とか

読まない方がいいかもしれない。

「死に物狂い」とか

フツーできないし。。

 

椅子に座るっていうのは

例えの1つだけど

新しいことを始めるどころか

毎日の生活がカツカツとかだったら

まずは固定費を見直すとか

そこを改善するのが

次のレベルかも知れないです。

とにかく

今の自分のレベルから

1レベルだけ上の行動はなんだろう

と考える。

しんどいことならそれは違うと思って

毎日 確実に達成できることを

考えてみましょう。

ゆるやかだけど

とりあえず上には向かっていきます。

心を鬼にしないで継続する方法。

考え方のひとつですけど

参考にしてもらえたら幸いです。