その他

普段食べている比較的健康でおいしい間食のおすすめ

●間食はなるべく健康的なものを手軽に

家で勉強してたりするとお腹が空きますね。

ゴロゴロ家でテレビを見てる時でも。

 

でも1日の中で3食のご飯の時間だけだと

やっぱり物足りないし、

手間が掛からず 気軽に食べるのもがあると

お腹も満たされてストレス発散になります。

 

でもコンビニで買うお菓子なんて糖も質が悪いし、

人工的で、やっぱり 体に良くない。

経験上 ジャンクなものを食べた影響は

結構 体感してます。

疲れやすくなったり、眠くなったり

肌荒れがひどかったり、なんとなく体が脂っこく感じたり。

 

だいぶ前から言われているマーガリン、ショートニングという

いわゆるトランス脂肪酸なんて脳に大きなダメージを

与えるという結果もはっきりと出ているし、

アメリカ、カナダではトランス脂肪酸の食品添加を

全面禁止となっているようです。

日本は「消費者に聞かれないから答えない」

というスタンスだし、

この国は相変わらず

自分の頭で考えさせないようにする事に長けてるので、

この辺りは自分から意識的に避けるようにしないと

知らないうちにダメージがたまっていくと思います。

 

なので普段自分が気軽にとっている間食を紹介します。

独断と偏見があるので、食べてみて自分の体にあっているか

ちゃんと判断するといいと思います。

やっぱり人それぞれ胃の強さとか、合う食べ物って

違うと思うので、自分の体の声を聞くというのが一番大切。

 

●自分の普段食べているお菓子一覧

ちなみに

・美味しい(独断)

・体にいい と思う。

・手軽

等を総合的にみての判断です。

・デーツ


・GI値 47(低め)

・銅、カリウム、マグネシウム等のミネラル

ビタミン類など栄養分が豊富

スーパーに行けば買える手軽さもあるが、

こだわろうと思えば

デパ地下の高級ドライフルーツ屋とかに行くと

いろんな国のデーツや 有機などの品質にこだわったモノもあり

味も結構 変わるので食べ比べるのも楽しい。

一番おススメの間食。

・バナナ

GI値 55~60(普通~高め)

栄養は果物だけあって

やっぱり カリウム、食物繊維やビタミンは豊富。

手軽さはナンバー1だが糖質は多い。

なので勉強中やスポーツ前など、

すぐにエネルギーが欲しい時にはいい。

朝ご飯とかにも。

それと幸せホルモンと呼ばれてる

「セロトニン」の原料となる、

アミノ酸のトリプトファンが多く含まれてるので、

安眠効果があったりリラックス効果もあるようです。

でも参考程度にしておいて、

それを期待して食べるほどでもないと思う。

ただただ美味しい間食。常備食。

・あんぽ柿(干し柿)

GI値 35~40(低め)

意外と思いつかない柿。

干してるのでビタミンCは死んでるが

やっぱり食物繊維、ミネラル多め。

赤い食べ物なのでベータカロテンも豊富で、

干すことで3倍ほどになってるとのこと。

赤ワインでよく聞くタンニンという美容ポリフェノールも豊富だが、

多くとると便秘などのデメリットあり。

 

ドライフルーツはやっぱり甘みが増してるので

食べすぎはデメリットも多いみたい。

そしてあんぽ柿は高い。

常備食とはいい難いかも。

・ナッツ類

 

GI値 20~30(低め)

くるみ、アーモンド、ピーナッツ、カシューナッツ等、

ナッツ類も定番で

不足しがちなオメガ9のオレイン酸というのが豊富。

あと ビタミンEが豊富なのと

食物繊維が豊富。

両方とも不溶性で、

水溶性と違って摂り過ぎると

体の外に流れ出にくいので

食べすぎは特に悪そう。

実際 食べすぎると肌荒れがするし

体質も大きく影響するような食べ物ぽい。

体感だと あんまり優しい食べ物という感じゃない。

・フルーツを色々入れたヨーグルト

上記にあげたバナナなど

色々スーパーで買えるフルーツを入れて食べる。

やり方によってはかなり豪華

よくいれるのはフルーツは

バナナ パイナップル キウイ ブルーベリー。

アボカドも意外と向いてる。

やっぱりセブンイレブンの

冷凍フルーツシリーズは超すごい

マンゴーとか。

はちみつ入れたらもうスイーツ

 

何か活動しながら食べるというより

ガッツリおやつ時間を設けて

コーヒーと一緒に食べるのは至福の時間。

ヨーグルトに関しては

市販のヨーグルトメーカーをおススメしたい。

そんなに作る手間もかからずコスパ抜群。

凍らせるとヨーグルトバーグというお菓子になるらしい。

 

ちなみに冷凍ブルーベリーだと

OKストアが1kg 700円で売ってるのでおススメ。(カナダ産)

 

・野菜スティック

ニンジン、キュウリ、大根とかを

スティック状にして生で食べる。

よくテレビで甘いとか言ってるけど

田舎に行くと本当に甘いのもあるから結構おススメ。

何より硬いポリポリした食感が心地いいし、

味噌とか色んなのにディップすると結構 化ける。

余裕があればバーニャカウダを作ったりして

何に浸けて食べるかみたいのが趣味にもなる。

遠く旅行に行った時に現地の野菜を買ったり

生活の中で買う機会が多くなるし

健康度数でいうとMAXレベルかも。

・さつま芋

GI値は55(普通)

焼いても壊れにくいビタミンCや

食物繊維が豊富。

おやつの中では定番だけど

1時間くらいゆっくり温めないと甘さが引き出せないから

すぐに食べれないので手間はかかる。

先にレンジに入れといて

勉強の息抜きやご褒美とかにおススメ。

いい品種は値段高め。

ちなみに干し芋も同様におすすめ。

 

●番外編

上にあげたのは素材そのものとかだったりするので

比較的間違いないモノだと思うし

お手軽、安心だけど

どうしてもチョコとか食べたい時もあるし、

出勤しててコンビニで衝動買いしたいことも

あると思います。

そんな時に買うといいもの

・甘栗

コンビニで手軽に買えるけど、

ほとんど中国のだし、なんとなく買わない。

独断と偏見です。

でもピザポテトよりは健康被害はないと思うので

一応載せます。

栗は体にいいという報告は多数ある様子。

 

・スナックボール

コンビニではナチュラルローソンでしか見たことないけど、

加工菓子にしては成分がなかなか優秀。

甘いのに砂糖不使用で デーツを使用。

8個入りで498円と高めだが1つがかなり大きいし

カカオの量は多くチョコ感があるので

満足感は結構高い

・高カカオチョコレート

普段あまりとらないのに

久しぶりチョコレートを食べると

普通のチョコは甘すぎに感じることがあるけど

88%とかのかなりカカオが多いモノだと

丁度いいと感じる。

高カカオは体にいいという情報はいっぱいあるけど

こういうメーカーが猛プッシュしているようなのは

どうなんだろう。

健康は忘れて あくまで嗜好品として。

●手間やストレスを少なく、気軽さ優先。たまには食べたいものを。

 

間食もあくまでゆるく。

体に悪いとかを意識しすぎるのもストレスだし、

できるだけ頭を使わないで食べるようにしたい。

ビタミンとか栄養も書いたけどもあまり気にせず、

一番の目的は手軽さを意識してます。

食べてストレスを発散して勉強とかに集中するのが目的。

 

だから ピザポテトとかHARIBOグミよりは

体にいいかなぁくらいのスタンスで実践してます。

 

でもぶっちゃけ

あくまで上記のような間食を生活の軸にしておいて

たまにはパンケーキとかそういうのも

なければいんじゃないかなーなんて

思います。

たまに食べる分には問題ないと思うし

ストレスをためない事が一番の目的。

健康オタクになりたい訳じゃないです。

参考にしてもらえたら幸いです。